日本各地から取り寄せた銘酒が楽しめる焼き鳥店を十三を拠点に営業しています

十三の焼き鳥・鳥串屋ななしののお客様の声

日本酒・焼酎・果実酒も美味しい焼き鳥店を十三で営業

十三の焼き鳥・鳥串屋ななしののお客様の声

料理はもちろんのこと、お酒の美味しさにもこだわっています。店主自ら全国各地に足を運び、「これぞ」と思うものを厳選して提供しています。日本酒・焼酎・果実酒など、店主こだわりのお酒を全国各地から取り寄せていますので、お酒の美味しさについても多くのお客様から称賛の声をいただいています。
また、お酒もリーズナブルな価格帯で提供しています。ビール大瓶(サッポロ・キリン)が450円、ビール生中(アサヒ)が400円など、他店よりもリーズナブルでお財布にやさしい価格が魅力です。


こだわりの銘酒を提供する焼き鳥店を十三で営業中です

店主のこだわりは、串焼きだけではありません。「夜の宴には欠かせないお酒も、お客様をうならせるものを提供したい」との思いから、店主自ら全国各地に足を運び、厳選した日本酒・焼酎・果実酒などを提供しています。お酒選びにお困りの方にはスタッフがご要望をお伺いして、お客様のお好みに合ったものを提案いたします。お酒もリーズナブルな価格設定となっていますので、「値段を気にせずに好みのものを楽しめる」とお客様の声をいただいております。
全国各地のお酒を楽しみたいという方は、「日替わり地酒」(450円)はいかがでしょうか。地酒を日替わりで数種類用意しており、その中からお好みのものをお選びいただけます。地酒の詳細は、スタッフまでお尋ねください。ほかに、和のリキュール各種(400円~450円)もあり、子宝鳥海山麓ヨーグルト、シークワーサー&レモン、純大分産かぼす、梅乃宿の梅酒などがございます。

昭和レトロでアットホームな焼き照り店を十三で営んでいます

阪急線十三駅東口を抜け1分ほど歩いていただくと、赤い提灯が連なった昭和レトロな雰囲気のお店が見えてきます。「ななしの」と書かれた提灯がお客様をお出迎えしています。一歩足を踏み入れると、店内にもノスタルジックな空間が広がり、「昭和レトロな雰囲気でいただく確かな素材の旨い鶏串、これは人気になりますね」というお客様の声の通り、常連客などお客様の笑い声が絶えない楽しげな声で活気に満ち溢れています。
店外にはこれまでお客様が飲まれた全国各地の銘酒の空き瓶を並べ、赤い提灯とともに一つのエクステリアとして雰囲気を作っています。店内に足を踏み入れる前から、「どんなお店だろう」というワクワク感を演出し、非日常感を味わっていただけます。陽気でホスピタリティ精神に溢れた店主との会話が楽しめるカウンター席(7席)、プライベート空間の半個室席(2~8名様まで)、2階のテーブル席(20席)の多彩なお席がございます。

多岐に亘る焼き鳥メニューを十三を拠点に提供しています

素材から焼き方まで、店主がこだわり抜いた焼き鳥を十三を拠点に提供しています。定番メニューから他店ではあまり味わえないような珍しいものまで幅広く取り揃えており、例えば、鴨油(ホルモン)、みみたぶ、こんぼう、バイパス、半熟きんかん、はらみ、ちょうちん、おしり、ひも、野菜つくね、うずらなどがございます。全国から取り寄せた朝引き鶏を使用し、丁寧に下処理を行っていますので、内臓系も美味しくお召し上がりいただけます。赤肝も人気があり、「一口含むと臭みがなくやわらかで中はほの温かくてレアな味わい。これは美味いです」とお客様の声をいただいています。
サイドメニューはほとんど置いていませんが、お客様の9割がリピーターとなっています。「串焼きメニューで勝負して、お客様の胃袋も心も満たしたい」という店主の熱い思いから、素材から焼き方までこだわっています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。